東大での刺傷事件について

無差別に人を傷つける事件が後を絶ちませんが、塾講師をしている身としては見逃せない事件だったので書いてみようと思います。

共通テストで東大が試験会場にされていたのですが、17歳の少年が3人の男女を後ろから刺した事件です。お互いに面識は無く、17歳の高校生は名古屋の名門私立高校に通う生徒だったそうです。将来東大に行って医者になりたいと思っていたそうですが、成績が振るわなかったので、事件を起こして自らの命を絶とうとしていたようです。

被害者には1日も早い回復を祈るばかりですが、この事件から学歴社会の闇が見えてきます。私もブログで学歴が大切であることを書いてきたので、言い方を改める必要があると感じました。学歴はあるに越したことはありませんが、人生の全てではありませんし、ましてや東大や医学部だけが立派だとも思いません。人にはそれぞれ役割があるので、その役割を全うする人生が立派な人生であり、学歴はその手段に過ぎないはずです。学歴を必要としない役割を担う人は、当然学歴は必要ありません。

思春期の子供は視野が狭いために、極端な考えになりがちですが、やはり大人が子供たちに対して、柔軟な考え方を持てるメッセージを送り続ける責任があると感じました。加害者の親や学校が謝罪していましたが、この親や学校だけでなく、この社会を作り上げた多くの大人の責任だと感じさせられた事件でした。

一部の大人の中には、最近の東大のレベルの低さや、医学部の闇を語る人がいるので、こういう本当のことを言う大人がもっと増えると様々な角度から物を見ることができる大人になれると思います。そのような情報が子供たちに届かなければ意味がないのですが、そういう議論も学校の授業の中で取り組めるといいのかもしれません。

大学を目指すなら身の丈にあった大学に通い、適正にあった仕事を選ぶことが結局本人も周囲の人も幸せな人生になると考えさせられた痛ましい事件でした。

その100 大学に入っても勉強しよう

日本の大学は、入学が難しく卒業が簡単なために、大学に入ってから勉強しない学生が多いです。私もそうでした。しかし、大学に入ってからも勉強した方が得です。大学の成績が良ければ、修士課程で海外の大学に進む事ができるからです。留学して修士を得れば、一気に選択肢が増えます。日本だけでなく海外で働くことができ、日本の将来性も考えると海外で働く選択肢があるのは有利です。

海外の修士課程は、知名度の高い大学だと大抵GPAが3.0以上を条件として掲げています。これは、オールAくらいの成績なので、大学時代にかなり勉強しないといけないことがわかります。日本では、修士課程を経ても学士卒とそれほど変わらない初任給ですが、海外だとかなり変わってきます。日本で修士や博士課程を卒業してもあまり旨味が無いので、修士以上に進むなら海外がお勧めです。大学は日本の大学を卒業し、修士以降海外の大学院に進むのが最も賢いですね。

もし大学時代にそれほど優秀な成績を収めることができなければ、大学院には進まずに就職しても良いと思います。博士課程を卒業しても就職できないポスドク問題など、日本ではまだまだ問題が山積みです。就職した方が社会人経験を積めて転職で待遇の良い会社に就職できたりするので、大学時代あまり勉強しなかった人はさっさと就職しましょう。

働きながら通える大学院もあるので、そこまで優秀でなければ、大学院に進むのに焦る必要は無いと思います。ちなみに私は大学時代に勉強せずに中退した愚か者なので、社会人になってから働きながら通える通信制の大学を卒業しました。勉強を頑張った年と頑張らなかった年があり、GPAは3.0も無いので、大学院には進むことは考えませんでした。大学は4年間あるので、在学中に今後の身の振り方を考えながら、勉強に邁進してほしいと思います。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。

その99 時間厳守しよう

以前の記事でも書きましたが、私は中学高校生の頃は遅刻魔だったので、あまり偉そうなことは言えませんが、時間厳守の習慣は学生時代に身につけた方が良いと思います。今の私は遅刻することが年に1回あるかどうかですが、遅刻しないようになってから明らかに物事がうまく進んでいることを実感しています。

遅刻するというのは、相手の時間を奪う行為であり、時間を奪われた人は奪った人に好感を持つことはありません。むしろ恨まれることになるので、ありとあらゆる手を使って足を引っ張られ、運が悪くなる傾向にあります。遅刻をしないだけで大きな問題は起こらないことを知っておいて欲しいです。

受験勉強でも、1人で戦っているわけではありません。友人と共に頑張っていたり、家族の支援があって勉強できている人がほとんどだと思います。多くの人に支えられて受験勉強ができているはずなので、その人達に対して不義理な事をするのは、天に向かって唾を吐くのを同じようなもので、自分に返ってきてしまいます。

いくら感謝の言葉を口にしていたとしても、人は行動に本音が現れます。遅刻をするということは、相手を軽く見ているからであり、そういう人は巡り巡って人から軽く扱われるようになります。私も学生時代に遅刻をしていたツケを20代で払わされたので、20代は散々でした。その経験以来、遅刻だけは絶対にしないように心に誓い、万が一遅刻する際は事前に連絡するようにしています。

そのおかげか、30代からは割とスムーズに物事が進むようになったので、時間厳守の大切さは声を大にして言いたいです。時間厳守をすることで、受験勉強にも良い影響を与えるでしょう。受験は時間との戦いです。本番の試験はもちろん、その日に至るまでの学習スケジュールも時間管理能力が問われます。時間をうまく使えない人は受験の勝者にもなりにくいので、受験の勝者になりたければ、時間について真剣に考える習慣をつけましょう。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。

その98 将来やりたい事が無い人へ

やりたい事が無い若者は多いです。結論から申しますと、そういう人は受験勉強を頑張って、より知名度の高い学校に入る事をお勧めします。大学時代に様々な体験をして、やりたい事が見つかった場合は、それを仕事にできるようにすれば良いと思います。大学時代も見つからなかった場合は、これも知名度の高い大企業に就職すれば良いと思います。

大は小を兼ねると言うように、偏差値の高い学校に入っておくと、就職する場合でも起業する場合でも有利に働く事が多いです。大企業に入っておくと、中小零細企業よりもレベルの高いマナーが身につき、人脈もできるでしょう。何かやりたい事が見つかった時に、そのようなマナーや人脈がマイナスに作用することはあまりありません。

大企業には大企業の良さがあり、中小企業には中小企業の良さがありますが、大企業から中小企業に転職できても、中小企業から大企業に転職するのはなかなか難しいです。であれば、はじめに大企業に入れるように受験勉強を頑張って良い学校に行っておくのは賢い選択です。やりたい事がある場合でも、良い学校に行っておいて損することはありません。どんな業種でも、その業界でナンバーワンの会社は大企業であることが多く、優秀な人材を欲しがっていることに変わりはありません。

また、やりたい事が無い人は、世の中がどういう人を求めているのかを考えると良いのではないでしょうか。日本は資本主義社会なので、お金を持っていると快適に生きやすくなります。お金を持っている人が偉いと言うつもりはありませんが、お金は無いよりもあった方が幸せになりやすいでしょう。

ではどういう人にお金が集まるか。それは世の中のニーズに対応できる人です。今日本で求められている人材は、プログラマーや外貨を稼げる人です。日本の人口は減少し続けているので、明らかにこれからも不景気は続きます。人件費を削減できるプログラムを作れる人や、外国からお金を集めれる人は重宝されるでしょう。そのような時代のニーズに対応できる人間になると、収入面で困ることは無いはずです。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。

その97 医学部を目指す人へ

近年医学部人気が高いですが、医学部へ行きたい人は、記憶力を受験勉強時代に培っておきましょう。医学部は理系に位置していますが、入ってから数学や物理を勉強することはほぼありません。専門に進むと暗記ばかりです。数学や物理が得意で、単純な暗記作業が不得意な人は医学部には不向きなので工学部や理学部に進んだ方が良いでしょう。入ってから後悔しても遅いので、記憶力に自信の無い人はよく検討しましょう。また、コミュニケーション能力が低く、偏差値だけが高い人も考えものです。医者の仕事は老若男女分け隔てなく関わる必要のある仕事なので、コミュニケーション能力は大切です。よほど人を助ける仕事に就きたいという思いが無ければ、医者の仕事は務まらないでしょう。

医者は激務で、勤務形態はブラックそのものです。年収は高いですが、使う暇が無いくらい忙しいのが現実です。奥さんが最も得をしますね。また医療業界は旧態依然とした縦社会なので、上からの理不尽な要求にも応じなければ干されます。実際に干された医者が書いている本を読んだことがありますが、医療業界は勤務形態だけでなく業界の構造もブラックです。嘘や偽善も多いので、外側から見た華やかさだけで選ぶと後悔する可能性があるでしょう。傲慢な人も多く、世間ずれした人の割合が多いのが医療業界です。

医者というのは、医学に詳しいだけの単なる専門家です。傲慢な人に何年も囲まれた生活をしていると、知らず知らずの内に上から目線の人間になっていくものです。そのような裏側も知った上で医者になるかを検討した方がショックが少なくて済むでしょう。

子供の頃に医者に助けてもらった人や、家族や友人を病気で亡くした人のように、動機がハッキリしていない人は医学部よりも他の学部に進んだ方が幸せになれるかもしれません。収入面でも、これから医者の給料は下がるとも言われているので、それほど旨味はないかもしれません。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。

その96 無理しない方がうまくいく

人生うまくいっている人を観察していると、肩の力が抜けていて毎日無理していないことに気づきます。そしてよく頭を使っていることにも気づかされます。惰性で生きることなく、習慣を見直しながら良い習慣を取り入れて、悪い習慣を無くすことに意識を向けています。

例えば、週に1回10㎞走ってタバコを吸っている人よりも、毎日1㎞でも散歩をしてタバコを吸わない人の方が健康になれます。3日間断食することを繰り返して3ヶ月で10kg痩せる人よりも、毎日腹八分の食事にして3年かけて10kg痩せる人の方がリバウンドもしにくく、健康的に痩せることができます。どちらの方が頑張っているでしょうか。きっと週に1回10㎞走っている人の方が頑張っていますし、3日間断食する人の方が頑張っています。

頑張っているのにうまくいかないという人がいますが、そういう時は逆の考え方をしてみてはいかがでしょうか。頑張っているからうまくいかないのではないかと。頑張らないで習慣を見直すことに頭を使うと、驚くほど成果が出ることがあります。日本人は頑張ることを美徳とする文化の中で生きているので、頑張らないことは悪いことがと考える傾向にあります。

しかし、そんなことはありません。最も尊いのは、頑張らずに成果をあげることです。何もせずに成果をあげることはできないので、やることはやります。頑張ることに意識を向けず、習慣を見直して、頭を使って、短時間集中して取り組むことを繰り返す方がうまくいきやすいのです。

自分の集中時間を把握して、例えば1時間なら1時間勉強に集中した後は外を散歩する、音楽を聴く、など他のことをして頭を空っぽにするのです。このサイクルを3回繰り返す方が、5時間ぶっ続けで勉強するよりも頭に入るでしょう。運動もできて、音楽を聴いて幸せな時間も得れるのですからこちらの方が得です。苦手な科目も一週間に1回1時間するよりも、毎朝10分でもした方が継続しやすいです。常に習慣を見直して自分にあった勉強を試行錯誤していくことが、頑張らずに成果をあげるコツです。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。

その95 大学受験で得られるもの

真っ先に思い浮かぶのは学歴ですね。これは目に見える資産で、一生ついてきます。お金で買えない学歴は価値があるので、努力して手に入りそうなら必ず手に入れましょう。目に見えない資産も多く手に入ります。思考力、集中力、想像力、知識、自己管理能力、PDCAサイクル、忍耐力などです。

特に理系であれば深い思考力が身につくので、文系か理系かを迷っている人は理系に進んだ方が良いです。生涯年収も理系の方が高いので理系に進んで損することはありません。知識や想像力も身につきます。受験勉強はほとんど活字とのにらめっこですから、想像力を働かせないと理解できないことが多いです。知識や想像力は、自分の頭で考える際に必要不可欠なので、受験勉強で知識と想像力をできるだけ豊かにしましょう。集中力や自己管理能力、PDCAサイクルを回す習慣も身につけていると、社会人になってからの成長が早いです。

このように目に見えない資産の方が将来成果に繋がるので、受験勉強を通して育んでいきましょう。中学受験で大学附属校に進んだ人の中には、大学受験をほとんど経験しないまま大学生になる人がいますが、やはり大学受験をした人に比べるとこれらの能力は錆びついていると思います。特に今やりたいことがない場合は、大学受験をしても良いと思います。

中学受験でSFCに進学し、そのまま大学に進んだ人と以前会話をしましたが、大学受験をしておけば良かったと言っていました。きっと、能力が錆びついていることを自覚しているのだと思います。自覚できている分、その人は賢いです。高校時代にプログラミングを勉強していたそうなので、私から見るとその人の将来は安泰そうです。

大学生になると大抵の人は誘惑に負けて遊ぶので、大学受験でその力を養っておくと、学歴も手に入って一挙両得です。これらの目に見えない能力を持ち合わせていない人と一緒に仕事をしたことがありますが、本当に疲弊してうんざりすることばかりなので、私はそういう人と一緒に仕事はしないようにしています。企業が学歴のある人を採用したがる理由がよくわかります。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。