その5 勉強を頑張る集団に所属しよう

都会に住む人なら学習塾や予備校、地方なら通信教育を利用して、勉強を頑張る人達から刺激を受けましょう。

私は高校生の頃、兵庫県に住み、大阪の私立に通っていたので、大阪の鉄緑会という塾に所属していました。その塾は東京と大阪の2つしかない塾ですが、毎年多くの東大・京大・医学部合格者を輩出している名門塾です。英語と数学と物理を取っていましたが、英語は一番下のクラス、数学や物理のクラスは中の上あたりだったでしょうか。この塾に入るまでは、数学や物理に自信を持っていましたが、あっさりと打ち砕かれました。どこから手をつけていいかわからないような難問をいとも簡単に正解させる人達がゴロゴロいたからです。だからと言ってその塾を辞める事なく、しがみついていたおかげで、成績はあっという間に伸びました。勉強を頑張る人達が多いので、自然と触発されて毎日勉強するのが当たり前になるからです。どれだけ勉強しても、もっと勉強している人達が身近にいるので、簡単に自分は勉強したとは思えなくなります。これが良いのです。自分は勉強していると思っている人は成長しにくいですが、自分の努力なんてまだまだと思っている人は伸び代が大きいですね。

その塾には中学一年生から通っている人も多く、高校2年生から入った私が勝てるわけがありませんが、志望校には浪人して受かりました。それもこれも全て、この塾のおかげだったと今でも思います。一緒に勉強していた仲間もこの塾に入ってから猛烈に勉強するようになったので、環境というのは大事ですね。

地方に住んでいる人は、通信教育でも多少刺激になるので、通信教育をお勧めします。プロの講師の授業を動画で見て学ぶのも良いですね。受験の厳しさを綺麗事抜きに語る先生が自分のためになります。ネットが普及して、誰もが先生を自ら選べる時代になったので、相性の良い先生を自ら選んで、その先生からトコトン学びましょう。もちろん学んだ後は、要復習です。

そして大事なことは、勉強を頑張らない人とは距離を置いた方が賢明です。縁まで切らなくても、こと受験に関しては有害なので、距離を置きましょう。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。