その16 高校生の自習時間

高校生になったら、本格的に受験勉強を意識して勉強し始めましょう。高校1、2年生は1日3時間、高校3年生は平日5時間、休日は10時間くらい勉強したいものです。

高校1、2年生は1年間で1000時間を目標に勉強すると良いでしょう。クラブ活動をしている人は、平日なかなかそんな時間は取れないかもしれませんが、休みの日や長期休暇(春休み、GW、夏休み、冬休み)に勉強すれば1000時間は何とかできるはずです。高校3年生は2000時間を目標に頑張って欲しいです。もちろんダラダラ勉強しても意味はありません。集中して取り組む工夫をしながら勉強しましょう。

私も高校1年生から勉強をし始めた記憶があります。中高一貫校に通っていたため、中学時代は漫画とゲームと野球に夢中になり、勉強はほとんどしていなかった気がします。高校には全員上がれるのですが、高校受験を外部から受ける生徒と一緒に受けなければならず、私のいるクラスに点数が届かなかったことを記憶しています。これはまずいなということで、3年後の大学入試に向けて受験勉強を意識し始めました。

まず始めたのは、英語と数学です。通学中を利用して速読英単語を読んだり聴いたりし始め、放課後は文法や構文を学習し始めました。数学は学校の教科書と傍用問題集をし、授業を真面目に聴き始めたのもこの頃からだった気がします。数学は割とできたので、高校生になってからつまづいた記憶はありませんが、英語は苦手で、いくら学習しても英文が読めなかったです。

しかし、高校1年生の冬休みに鉄緑会の講習を受けて一変しました。京都大学医学部医学科の先生に英語の5文型を習ってから、みるみる英文が読めるようになったのです。英語はまず文法を正確に理解することから努めましょう。そして苦手なことは独学でやらない方が良いです。優秀な先生に習うとすぐにわかるので、優秀な先生を探す方が楽です。今は動画授業も豊富にあるので、どこに住んでいても優秀な先生に出会えます。出会ったら、その先生から学べるものを全て学び、自習時間に復習すればみるみる学力は伸びるので、先生探しと自習時間の確保に努めましょう。

成績が伸びると勉強は楽しくなるので、ますます勉強したくなる正のスパイラルにできるだけ早い段階に入る事が大切です。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。