その27 ネットを上手に使おう

パソコンでもスマホでも、受験では大いにインターネットの力を借りましょう。よくスマホ依存やゲーム依存で勉強時間が減ると言われていますが、スマホやゲームが悪いのではなく、それを使っている人の使い方に問題があるわけです。

スマホで動画授業を見て学んだり、わからないものを調べるのは悪いことではありません。ゲームが好きな人も、受験勉強にゲーム性を取り入れてやっていけば、楽しく学習ができるのです。漫然とスマホを見たりゲームをするのはもったいないですね。遊ぶなら真剣に遊びましょう。

特に地方に住む受験生は、ネットを使わないと有益な情報を逃す恐れがあります。ネットには役に立たない情報も多くありますが、それを取捨選択する作業も含めて受験だと考えてください。特にこれからは、情報リテラシーは必須の能力になるので、今の内から検索能力を磨いておくことで損することはありません。ネットであれば、有名な予備校講師の授業も見る事ができますし、都会の学生がどれくらい勉強しているかを知る事で、刺激を受けることもあるでしょう。ネットは大いに活用しましょう。

もし今私が受験生だったら、通学中はスマホでリスニングの勉強をし、放課後に動画授業を見ながら勉強し、帰宅後はスマホで受験校や気になる学校の情報収集をするでしょう。寝る前に今日一日どれくらいの勉強をしたのかをスマホに記録し、明日何をするかの予定をスマホに入力するでしょう。スマホを受験のサポーターとしてどうすればもっとうまく活用できるかを考えると思います。これが大学生になっても社会人になってもきっと役に立つので、依存しすぎていない限り、スマホ断ちやネット断ちをする必要はないと私は考えています。

どうしてもスマホをダラダラと見てしまうという人は、短期間だけスマホ断ちしてみてはいかがでしょうか。1ヶ月くらいやめて勉強だけに集中してみると、スマホへの依存心が少なくなるかもしれません。どうすればスマホに依存しないで活用できるかを考える事が大切です。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。