その36 目の前の小さな目標をクリアしよう

受験合格を目標にすると、途中でモチベーションが下がりがちです。もちろん受験合格は大きな目標ですが、目の前の小さな目標を立てて、それをクリアしていく方が勉強が継続しやすいでしょう。塾に通っている人は毎週の復習テストを目標にし、そうでない人は模試を目標にしましょう。模試は自分の弱点を知るために、できるだけ多く受けた方が良いです。受験生であれば、毎月1つくらいのペースで受けれると良いですね。

全国模試やマーク模試、学校別オープンなど様々な模試がありますが、特に学校別オープンは志望校のものがあれば必ず受けましょう。日程に融通がきかない場合は、申し込みだけしてテストだけは入手しましょう。本番前に時間を計って解くのです。学校別オープンは、その学校の予想問題を予備校のプロ講師が協力して作るものです。合否を決定するものではありませんが、得るものが多い模試であることは間違いありません。

日本人は、目標と計画を立てて実行していくやり方が合っていると聞いた事があります。人生は行き当たりばったりでも良いと思いますが、受験に関しては目標と計画を立てて実行した方がうまくいきやすいでしょう。

具体的にどんな目標を立てるかは人によって様々でしょうが、単純に偏差値を上げるという目標で十分だと思います。偏差値を上げるためには、様々な勉強が必要になります。頭でわかっていても、それを答案に正確にアウトプットしなければ偏差値は上がらないので、アウトプットの練習もしなければいけません。偏差値を上げ続けていたら、自然と合格できたというのも受験のやり方としては良いと思います。

逆に偏差値がなかなか上がらないと悩んでいる人は、勉強そのものを楽しむ事を目標にしてみてはいかがでしょうか。今日は勉強を楽しんでみよう、今日の模試は楽しんで受けてみよう、というようにです。偏差値にとらわれ過ぎてうまくいかない場合もあるので、うまくいかない時は逆を試してみるというのは突破口になりやすいので、試してみて下さい。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。