その47 社会は漫画で学ぼう

社会の勉強はほとんど暗記です。暗記する際は、文字だけでなく絵や物語を通すと覚えやすいですね。そこでオススメなのは漫画です。私は受験生の頃、世界史を選択していましたが、なかなか歴史の流れが覚えれなかったように記憶しています。あんなに漫画好きだったのに、世界史をなぜ漫画で学ばなかったのか不思議で仕方ありません。

大人になってから、漫画で歴史物を読んでいると、受験生の頃に漫画で学んでいたらもっと良い点数を取れた気がするなぁと思ったものです。世界史なら世界の歴史シリーズ、日本史なら石ノ森章太郎さんの日本の歴史、地理ならゴルゴ13など漫画で学べるものは漫画を活用した方が楽しいです。

大人になっても同様で、漫画で学べるものからスタートすると、入りやすいですし、何より楽しいです。ゲームで学べるものもありますね。日本やアメリカの都市は桃太郎電鉄をすると名前や場所を把握できたりします。大人の中にはいまだに、漫画やゲームなんて意味がないと考えている人がいますが、日本の漫画やゲームは本当にレベルが高いです。製作者は勤勉ですし、サラリーマンよりもプロ意識が高く、頭も良いです。

漫画の中でも特にオススメは、手塚治虫の漫画です。大阪大学医学部卒の超エリートという異色の肩書きを持つ漫画家ですが、現代の全ての漫画は手塚治虫が土台となっていると言われるくらい日本の漫画の礎を築いた方です。火の鳥ブッダなど教養が身につく作品が多く、日本にこんな天才がいたのかと誇りに思える漫画家です。とにかく勤勉で、漫画家に勤勉な方が多いのも、手塚治虫の影響が大きいのではないかと私は思っています。

社会は漫画で学べるものが多いので、気楽に読み始めてみてはいかがでしょうか。もちろん試験に出る内容が網羅されているわけではないので、教科書や問題集で勉強しなければいけませんが、スタートには最高の媒体だと確信しています。社会人でも勉強し直したい方にはスタートは漫画がお勧めです。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。