その71 人と比べない

人と自分を比較しても良い事はありません。世の中上には上がいるし、下には下がいます。上を見ると劣等感に苛まれ、下を見て優越感に浸っても虚しいだけです。それよりも自分を高める努力をしましょう。自分の価値を高める努力は楽しいものです。自分のレベルに応じて付き合う人や環境が変わってくるのですから、自分の成長を実感できます。

周囲のレベルが下がってきているなと感じたら、それは努力を怠っていますし、周囲のレベルが上がってきたなと感じたらそれは努力をしています。悪い人間に囲まれるようになったら、自分が悪い人間になっている証拠ですし、良い人間に囲まれていたら、良い人間になっている証拠です。周囲の人間は自分の鏡なので、自分の良いところも悪いところも周囲の人が表現してくれます。

勉強ばかりする人に囲まれていたら、あなたも勉強を頑張っている証拠なので良い方向に進んでいると考えて良いでしょう。反対に、周りにはどうしようもない連中しかいないと思えるようなら、あなたがどうしようもない人間なので反省して、勉強しましょう。人と比べるのではなく、周囲の人を観察し、それを自分に反映して虚心坦懐に自分を省みることが大切なのです。

勉強すればするほど人生は生きやすくなります。それは、勉強すればするほど自分に自信がついて自立していくので、周囲の人間も同じように自信があって自立した人達になるからです。自立した者同士はあっさりした関係なので、お互いにあまり干渉しません。疲れる原因はほとんどが人間関係です。

自立すればするほど人間関係のストレスは無くなるので、自分を高める努力が最も生産的で、幸福な人生を作る方法だと言えます。人と比べる無駄な時間を自分を高める時間に充てるだけで、人生は驚くほど好転するので、今日1日勉強して賢くなったなと実感する毎日を送りましょう。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。