その91 生涯勉強すると決める

勉強ができる人に憧れる人は多いです。それもそのはず、世の中の大半は勉強ができない人だからです。勉強ができるできないは才能や環境の差もありますが、大学受験レベルの偏差値50くらいなら頑張れば何とかなります。大学受験に間に合わなくても、生涯勉強すると決めれば難なくクリアできます。勉強はすればするほど奥深さがわかり、楽しくなるものです。

勉強はいつどこで役に立つかわかりませんし、最も費用対効果の高いものです。特にエリートは教養を大切にしますから、いくらお金を持っていても教養が無ければ相手にされません。私も教養が無いので、これから勉強して身につけたいと考える1人です。今受験生の方は、大学受験に専念して第一志望に合格することだけ考えていれば良いのですが、大学生になったら是非教養を身につける勉強を少しずつしていってもらいたいと思います。

私は中学受験で社会が必要ない学校を受験したために、小学生の頃社会の勉強をしませんでした。中学生になっても社会の勉強をサボっていたので大学受験で選択した世界史しか勉強していません。地理や日本の歴史や公民を全く知らないので、社会の偏差値が30くらいの社会人です。恥ずかしい限りですが、今アニメで日本の歴史を学んだり、世界情勢のニュースを見ながら少しずつ理解している最中です。

社会の勉強は社会人になると嫌でもニュースを見るので少しずつ知識は増えていきますが、理数系の勉強や教養分野は自ら勉強しようとしないと大人になってもなかなか身につきません。

やはりチャンスは学生時代です。学生時代の習慣は大人になっても大抵引き継ぎますので、理数系の勉強が苦手でも大学受験は逃げずに勉強し、大学生になったら教養の勉強を始めましょう。それで社会人になれば、あらゆる所にアンテナが立つので、幅広い分野から学べる大人になれます。そういう人は魅力的ですし、チャンスも掴みやすく成功する可能性が高くなるので、やはり勉強習慣が人生最も得する習慣ですね。

 

読者に、全ての良き事が雪崩のごとく起こりますように。